断捨離。シンプルでミニマムなライフスタイルブログ。マキシマリストと共同生活10年目突入。ミニマリストとマキシマリストが分かり合える日は来るのか。

SOBOKU〜素朴

ミニマリストとマキシマリストの共同生活

断捨離するものがなくなってきました。

関西は今週雨続きでした。


2年前に雑貨屋のセールで買った、使ってなかったブック型のケースは友人のサロンへ。


3coinで去年買った保冷バッグは、ジップが壊れて処分することにしました。


去年買った、愛猫用のマカロン型のベッドも処分しました。(大きくなり過ぎて入れなくなりました…)

f:id:sooboku:20160512221307j:plain

雨の日は我が家の断捨離の日なのですが、そろそろ私の持ち物で不必要なものがなくなってきました。


断捨離を初めて約1年、最初は衣類もビニール袋10袋分をリサイクルショップに持って行ったり、


業者に来てもらって一部屋分のゴミを処分してもらったりしてました。


一年かけて、持ち物を見直し



無駄に物を持たない。


本当に欲しい物だけを考えて購入する。



を徹底してきました。


そうしたら、物欲もなくなり考え方も変わってきました。


以前は、高価なもの・華やかなものを欲しがって、他人と比べて羨ましく思って、自分に無い物を持っている人を妬んだりしました…


今は欲しい物は高価なものではなくなり、自分の中で価値があると思えるものだけを選ぶようになり、他人と比べることも減ってきました。


物がなくなって、家で過ごす時間を有効に使えるようにもなりましたし、今まで見て見ぬ振りしたり、イライラしながらやっていた掃除洗濯が好きになりました。


自分の欲しかった好きな物が少しずつ集まってきて、物を大切に長く愛用するようになりました。


自分よがりな夫婦生活も、主人を敬うようになれました。(これが一番の変化です。)


これまで、主人に怒られ&呆れられながら仕事と家事をこなしてきましたが、最近では主人から感謝の言葉を貰えるようになりました。


一年前の私からは考えられないことです。


今はデパートで1時間並んで買う流行最先端のスイーツより、家で30分で出来る手作りクッキーと淹れたてのコーヒーを主人と一緒に食すことの方がはるかに幸せだと感じます。