断捨離。シンプルでミニマムなライフスタイルブログ。マキシマリストと共同生活10年目突入。ミニマリストとマキシマリストが分かり合える日は来るのか。

SOBOKU〜素朴

ミニマリストとマキシマリストの共同生活

キッチンのシンク下収納

炊飯器の場所をシンク下に移しました。

f:id:sooboku:20170708141054j:image

 

以前は開き戸でしたし、引っ越す一年前までキッチン下は使用できない状態だったので、引き出し式の収納になかなか慣れません…

 

チョコチョコいじりながら

あーでもない、こーでもないと考えつつ、今はこれで落ち着いています。

 

 

ボウルは3つ、その内一つはIKEAの深皿です。

 

以前は麺類や丼用にしていましたが、最近は朝から主人の作り置きパン用にしています。

 

ボウルのように深すぎないので、冷蔵庫保存がしやすくなりました。

 

 

ザルは一つ。

持ち手が付いているものがやはり使いやすい。

 

一人暮らしの時から使っているのですが、2人になっても買い足す必要はありませんでした。

 

 

ボウルの手前には使用頻度の高いキッチンツールを。

 

ティファールの持ち手もここに入れています。

 

右にはティファールの蓋を入れています。

 

包丁を収納する箇所には、ハサミとしゃもじを入れています。

 

包丁はパン用と料理用の2つしかないので試しに収納して見ましたが、これがなかなか使いやすく便利です。

 

 

炊飯器の前にあるのはダイソーのアルカリ電解水とセリアの食器用洗剤。

 

シンクに出しっぱなしにせず、必ずしまっています。

 

そうすることで、皿洗い後のシンクの中は一滴も水滴がない状態に出来るので、水垢がつきません。

 

 

これからも少し変わって行くと思われるシンク下の収納ですが

 

シンク下の収納って引き出すのにも大きいですし、力もいるのであまり重たいものを入れたり、たくさん収納することはこれからもないと思います。

 

キッチン収納はこれからも課題になりそうです。

 

本日もブログを読んでいただきありがとうございます。